診療科
心臓血管外科
基本情報
当院の心臓血管外科では、成人の心臓病・大血管を扱っています
2008年10月の開院以来、地域医療に貢献すべく日々精進を重ねてきました。皆様の協力のおかげで順調に成長し、現在まで3800例を超える開心術を行ってきました。2017年から年間手術数は300例を突破し、予定手術のリスクは1.1%と良好な成績を治めております。 当院の心臓血管外科は、冠動脈・弁膜症・大血管と、成人心臓疾患の全領域を手術しており、弁膜症が最も多いのが特徴です。 また、内科と協力し、全分野で手術とカテーテル、両者の治療法を提供できるのも大きな特徴の一つです。
診療の特徴

「患者への貢献」「社会への貢献」「医学への貢献」3つの基本理念を掲げ、診療を行っています。 心臓血管外科では、さまざまな心臓血管疾患の外科的治療を行っています。心臓や血管の外科手術は緊急を要するケースが多く、高度な専門性も求められるため、複数の専門スタッフが常駐し対応しています。

MICS(小切開心臓手術)やダヴィンチによるロボット支援下手術など、より負担の少ない低侵襲治療に取り組んでいます

手術による傷をできるだけ小さくする、動脈瘤のカテーテル治療や、人工心肺を使用しない心拍動下の手術など、身体に負担の少ない治療方法を実施し、患者さんのできるだけ早い社会復帰を目指しています。

近年では僧帽弁形成術と大動脈弁狭窄症について、傷が小さく、術後の見た目も良い MICS(小切開心臓手術)手術や、 大動脈疾患に対するステントグラフト治療、僧帽弁形成術に対する完全内視鏡下手術、人工心肺非使用の心拍動下バイパス術などを積極的に行っています。 
さらに2019年からは、とくに僧帽弁形成術について、ダヴィンチを用いたロボット支援下手術も開始しています。

体に負担が少ない手術で早期回復を目指す

当院では、低侵襲な心臓手術を行うことで患者さんの早期回復を目指します。 冠動脈バイパス手術では、脳梗塞のリスク軽減や腎臓を保護する目的で人工心肺を使わない血行再建術、また弁膜症の手術においては、 内視鏡を用いることにより切開創を数センチで施術可能な内視鏡MICS手術を積極的に行っております。

再手術や特殊疾患の受け入れ

かつて他院で手術を行い再手術が必要になった患者様も多く来院され、300例以上再手術を手がけております。一般に、再手術は癒着剥離という操作が必要なため(傷が治る際に周りとくっついてしまうことを“癒着”といい、それをはがす操作を“剥離”といいます)、 手術の危険度が上がりますが、当院では再手術におけるノウハウを蓄積して良好な成績を残しており、学会でも取り上げられました。 成人の先天性疾患(修正大血管転位症、右室二腔症、バルサルバ洞瘤破裂、三心房心など)やエホバの証人など、特殊疾患の患者様も数多く来院されます。

24時間体制で緊急手術に対応

大動脈解離など緊急性の高い疾患に対しての救急体制を重視し、地域医療機関からの救急要請に的確に対応します。他院で対応できない重篤な患者さんであっても、当院の心臓血管外科専門医をはじめ熟練した看護師、放射線技師、臨床工学士らが連携し高度な医療を提供します。

主な治療対象
外来医師担当表
実績・研究実績
スタッフ紹介
院長
大川 育秀
副院長 心臓血管外科部長
北村 英樹
副院長 心臓血管外科部長
大場 泰洋
心臓血管外科 医長
玉置基継
今村有祐
福本雄一郎
愛知千明